コロナ第5波収束は日本人の酵素の働きが活発でデルタ株が死滅したとの分析

ニュース

コロナ第5波収束は日本人の酵素の働きが活発でデルタ株が死滅したとの分析

Sponsored Links

ここの所一気に感染が収束しつつある、新型コロナウイルス感染症。

国立遺伝学研究所と、新潟大学が収束原因の分析結果を発表しました。

コロナ第5波収束はデルタ株の死滅が一因

第5波の感染拡大の大きな要因となったひとつがデルタ株。

デルタ株は変異株で感染力がとても高いと考えられており、感染拡大の要因になりました。

そのデルタ株が、ウイルスが増殖できないようなタイプに置き換わり、結果的にウイルスが死滅し、第5波収束の一因になった可能性があるとの事です。

なぜデルタ株が死滅したのか

国立遺伝学研究所の井ノ上先生によると、日本人を含む東アジア人や、オセアニア人は、設計図の修正を邪魔する酵素の働きが活発との事。

その事によってデルタ株が死滅していったと考えられたようです。

 

Sponsored Links

-ニュース

© 2021 4453☆ブログ