西岡德馬の娘、西岡花穂梨は結婚してる?学歴や経歴などプロフ紹介!

西岡德馬の娘、西岡花穂梨は結婚してる?学歴や経歴などプロフ紹介!

俳優、西岡德馬さんの娘、西岡花穂梨(にしおかかおり)さんについて、夫や子供、その他の家族構成や、学歴などのプロフィールなど、西岡花穂梨さんのことについてまとめています。

西岡花穂梨さんが、実力派女優と言われるゆえんは、学歴にあるようです。

Sponsored Links
目次

西岡花穂梨は結婚してる?

西岡花穂梨さんは2014年に結婚しており、配偶者は西岡矩仁章さんです。

矩仁章さんと花穂梨さんは5年間付き合っていましたが、なかなか2人が結婚しないので、花穂梨さんの父親である西岡德馬さんが矩仁章さんを呼び出して、結婚の意思があるのかどうかを確認し、その上で、彼に娘に対してプロポーズを促した事が結婚に繋がったという経緯があります。

西岡花穂梨の家族構成は?

西岡花穂梨さんの夫や子供、親や姉妹について調べてみました。

  • 夫:西岡矩仁章
  • 長男:西岡晃輝
  • 父親:西岡德馬(俳優)
  • 母親:西岡紀子
  • 妹:西岡優妃(女優)

西岡花穂里さんのお母様は、一般女性の西岡紀子さんです。花穂里さんは徳馬さんが36歳の時にかおりさんを授かります。

お母様の紀子さんの前に、徳間さんは女優の宇都宮雅代さんと結婚をし、離婚をしています。

徳馬さんは、その方との間にも一児を儲けています。腹違いの姉がいるようです。

その後、徳馬さんと紀子さんとの間に、もう一人娘さんが産まれており、花穂里さんの妹になります。花穂里さんは、ご主人と長く付き合った上で結婚されたようです。

西岡花穂梨さんの家族は、お父さんと妹が芸能関係の仕事をしているので、芸能一家とも言えるでしょう。

西岡花穂梨の学歴は?

西岡花穂梨の学歴は、カリフォルニア州立大アーバイン校を出ています。

カリフォルニア州立大アーバイン校は、アメリカの超名門公立大学群であるパブリック・アイビーの一つであるカリフォルニア大学システムの1校である為、英語力や英語を使ったコミュニケーション能力は高いです。

アメリカ合衆国の州立大学で、1965年に設立され、UCアーバインまたはUCI呼ばれています。

この大学では、以前に3名の教員がこの大学で行った研究においてノーベル賞に輝いたことがあります。また7名はピューリッツァー賞を受賞しており、教育水準の高さを表しています。

主にコンピュータ産業が集まる地域にあり、学部にあたるものは、専門教育から大学院まで、一般にはスクール と呼ばれています。(他には、カレッジやデパートメントなどがあります)またオレンジ市には大学病院があり、オレンジ郡に医療施設を多く持ち合わせています。それらの病院は米国でのランク付けが高く、高度な医療サービスを市民に提供しています。この大学を卒業していることで、西岡花穂里さんの優秀さが現れています

この大学は、U.S.News誌の2021年度の総合大学ランキングで全米35位であり、公立大学のランキングでは8位となっています。

その後、日本に戻って文学座付属演劇研究所で演技を学んでいます。女優を目指していたことがうかがえますね。

文学座附属演劇研究所は、日本を代表する劇団の一つである文学座が運営している俳優や劇場運営に欠かせないスタッフを育成する研究所です。

この演劇研究所を卒業した人は、現在テレビや舞台などで活躍している人が非常に多く、西岡花穂梨さんも、ここを卒業して舞台を中心にした女優活動を行っています。

文学座附属演劇研究所は、本科1年を修了後、2年間の研修科に進む為に選抜されます。研修科を修了後は、さらに選考が行われ、文学座の準座員になります。2年間の準座員の経験を経て、文学座の座員となります。

ということで、西岡花穂梨さんは優秀な学歴をお持ちであることがわかりました。英語はペラペラなのではないでしょうか。

また、文学座附属演劇研究所を経て女優になっているので、女優としての実力はあることがわかります。

西岡花穂梨の現在の仕事は?

西岡花穂梨さんは、文学座付属演劇研究所で学んだ後は、様々な舞台に立っており、活動の場は主に演劇が中心になっています。

出演した劇は、

  • 虚空遍歴
  • 上野動物園再々々襲撃
  • 朗読とダンス
  • 女の一生
  • わが町

西岡花穂梨のプロフィール

  • 生年月日:1983年6月10日生
  • 星座:ふたご座
  • 出身地:東京都
  • 身長:158センチメートル

まとめ

2時間ドラマなどでお馴染みの西岡德馬さんの長女という事で、時々話題になりますが、トーク番組やバラエティー番組などには、どちらかというと妹の優妃さんが出演する事が多く、花穂梨さんはメディアにはあまり出てこない人です。

ただ、エピソードはなかなか面白いものがあり、特に結婚を決定づけた父の、現在の夫に対するプロポーズのエピソードは、この家族の一つの目玉になっています。

一児の母親として、子育てもしながら、舞台を中心に活躍している女優で、数々の舞台に出演しており、実力のある人です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる