王女ピョンガン月が浮かぶ川の登場人物や5〜8話あらすじとみんなの感想

王女ピョンガン月が浮かぶ川の登場人物や5〜8話あらすじとみんなの感想

韓国で1500年も語り継がれているという純愛物語をベースにした韓国時代劇ドラマ「王女ピョンガン月が浮かぶ川」。2021年10月にNHKBSで日本初放送となり注目を集めています。

主演はドラマ「太陽を抱く月」の子役として大ブレイクし、美しい女性に成長した大人気のキム・ソヒョンと、ドラマ「哲仁王后」で主要人物を演じ、人気に火がついたナ・イヌ

ここでは各話のあらすじを紹介しています。

目次
Sponsored Links

主な登場人物

ピョンガン/ヨム・ガジン役:キム・ソヒョン

高句麗のピョンウォン王の長女として生まれるが、訳あって国を追われ、記憶を失った状態で殺し屋の集まりである殺手房に拾われ殺し屋として育てられる。

オン・ダル役:ナ・イヌ

ピョンガンを逃がそうとして殺されてしまった父の遺言を守り山で目の悪い母親と暮らす。スノブ部族長であるオン・ヒョプ将軍の息子。
心やさしく、動物を愛し暴力は否定派の人間だが、ピョンガンの夢を叶えようと自らの巨大な力を振るい闘う。

コ・ゴン役:イ・ジフン

ゲル部の首長であるコ・ウォンピョの長男。品位と権威を併せ持つエリート将軍で、ピョンガンの幼少時、剣の師匠でもあった。

ピョンガンに剣を教えている時からひそかにピョンガンの事を想っている。

ヘ・モヨン役:チェ・ユファ

ソノ部の首長へ・ジウォルの養女。キレ者であり資金運用の才能があり、父親のかわりにソノ部の実権を握っている。
薬草店を営み薬草に詳しい。

第5話あらすじ

8年前のことを思い出したピョンガン。なんでタルが自分と一緒に逃げたオン・ダル(オン・ヒョプの息子)だと気付かなかったのだろうと罪悪感を感じます。そして身を隠します。

タルたちはピョンガンを探しに山に入りますは、そこで兵士を引き連れたコンと出くわします。

山にはタルたちが仕掛けた罠がたくさん仕掛けてあるので、出くわしたコンをやり過ごそうとしますが、コンから言われます。

お前が連れ出したのは王女だ」と。

タルは驚きます。そして8年前、必死に逃がそうとしたピョンガン王女がカジンだったのか!と動揺もします。

ピョンガンは罪悪感から崖から身を投じようとすると、タルに引っ張られ、助けられます。そしてタルはピョンガンに言います。

「お前の父親(王)が、俺の父そして部族の仲間たちを殺した。父や仲間たちはみずから犠牲になっておまえを守ったのに・・・おまえの勝手で命を捨てようと思うな!」と。

ピョンガンは幽霊谷(記憶を失ってから過ごした所)の存在を知ってしまったコンを殺そうとします。

しかしコンに「王女様を助けに来たのです。幽霊谷のことは口外しません。」と言われます。

王宮に戻ったコンは、王にピョンガンが生きていることを告げます

コンの父、ウォンピョがピョンガンの命を狙っているので、簡単に王宮に連れ戻すことはできません。そこでコンは偽の遺体を使ってこれをピョンガンだと思わせ、父ウォンピョを騙し、時を稼ぎます。

第6話あらすじ

ピョンガンの遺体を怪しんだコンの父ウォンピョは、乳母にピョンガンかどうか確かめさせます。乳母は遺体はピョンガン王女ではないといい、コンの策略だったと知ります。

一方ピョンガンは、幽霊村の住人として暮らし始めます。王女でも刺客でもなく、ただの「カジン」として平凡に生きるとタルに約束したピョンガン。

刺客集団の双子兄妹が、頭の命令でウォンピョを殺しに行きますが、失敗し捉えられてしまいます。

刺客集団の頭は、双子を救うにはピョンガンの力が必要だと考え、ピョンガンに助けを求めます。

ピョンガンは幽霊谷の村長ウナムの話から、母親を殺したのはウォンピョ(コンの父)だと知ります

平凡に生きると誓ったピョンガンでしたが、双子を助けるために王宮に向かいます。

\ 韓国ドラマを観るならU-NEXT /

第7話あらすじ

ピョンガンは刺客集団の双子兄妹を助けるため都に来ています

しかし商売で都に来ていたタルに見つかってしまいます。「何でここにいるんだ!平凡に暮らすのではなかったのか!」「自分のせいで友達が処刑されそう、これが最後だから見逃して」とピョンガン。

タルはピョンガンに協力し、双子兄妹を助け出しますが、逆に自分が捕まってしまいます。ピョンガンは双子たちを最後まで助け出すため、やむを得ず逃げます。

その頃コンは、父ウォンピョの命令で刺客集団、を討伐するため、兵を率いて敵のアジトへ。

囚われられたタルがいよいよ殺される!その時、ピョンガンが来て「待て!」とそしてピョンガンも捕まりそうになった時、

「お前たち、誰に手を触れている!私は亡き王妃の娘、ピョンガン王女だ!」といい放ちます。そこにコンがやってきて、兵士たちに「下がらぬか!ピョンガン王女様であられる、ひざまづけ!」

結局タルは殺されはしなかったものの、牢屋に入れられます。

ピョンガンは王宮に戻ります。王は喜びます。そのかたわらで不満そうなチン王妃(ピョンガンの母ヨン王妃の後釜)。ウォンピョ(コンの父)はピョンガンを警戒します。

牢に入れられていたタルは、ピョンガンの計らいもあり、牢から出されます。ピョンガンと対面。ピョンガンは王宮に残らなければならないので、一緒に幽霊谷に戻れないとタルに言います。「幽霊谷で過ごした日々は忘れない」と。

それを聞いたタルは、「俺の運命はカジン(ピョンガン)、お前だ。」「俺とお前はいつか夫婦になるって、心が言っている。」「また会う運命だ。お前は俺の元に戻る、絶対に・・

ピョンガンは王宮に戻ります。


ピョンガンは太子である実の弟、ウォンの部屋に面会に訪れます。しかし幼い頃よりピョンガンは「元王妃の不義理の子」と聞かされて育ったウォンは会いません。仕方なく去るピョンガン。

宮廷内の庭。ウォンピョとチン王妃(後釜の現王妃)が密談しています。

「さっさと太子(ウォン/ピョンガンの弟で王の後継)を追い出して、コンム(王とチン王妃の息子)を太子(王の後継)にして欲しい。これからはピョンガン王女が邪魔をしてくる」と、チン王妃。

またチン王妃は、ピョンガンがコンム(王とチン王妃の息子)の事を王の実の子ではないと疑っていると思っています。

これは捨ておけない!って表情のウォンピョ。何か悪巧みを働きそうです。


王とピョンガンが部屋で話しています。

ピョンガンは母・ヨン王妃が殺された時の真実を知りたいと思っています。王は、スンノ部族が謀反を起こし、それをしずめただけだと言います。王妃と王女を救うためだったと。しかし、ピョンガンは別の理由で王が兵を送ってきたのでは?と王に問いただします。真髄を突っ込まれて狼狽する王。しかし真実は話しません。


部屋の外で月を見上げるピョンガン。「月が明るい・・・」


ウォンピョが呼び出されて王宮に来たモヨン(その部族長の娘)と部屋で密談しています。ウォンピョがモヨンに「お前は毒草に明るいだろう。」と含みを持たせながら言います。


モヨンは毒草を作って太子(ピョンガンの弟ウォン)に飲ませよと、部下に指示しています。それをつけながら観察するピョンガン。

ピョンガンは毒草を作った石臼を見つけ、中に残っていたものを舐めます。そしてフラフラになりながら歩くピョンガン。しかし敵が周りにいる中倒れます。

そこに助け人!笠をかぶって髭を蓄えた人物です。


太子が薬を飲もうとしています。そこにピョンガン参上!危機一髪、太子は毒草入りの薬を飲まずに済みました!

第8話あらすじ

更新中です。今しばらくお待ちください。

\ 韓国ドラマを観るならU-NEXT /

王女ピョンガン月が浮かぶ川の相関図

出典:NHK

みんなの感想

ネットでの感想を集めて見ました。

https://twitter.com/7SMqFYh0fgJc3tF/status/1471365880605192192
https://twitter.com/kaba_kaba_poo/status/1470279971356614657
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる