北京オリンピック2022【スノボ】村瀬心椛(ここも)名前の由来やプロフィール

北京オリンピック2022【スノボ】村瀬心椛(ここも)名前の由来やプロフィール

2022北京オリンピック、スノーボード日本代表選手である村瀬心椛選手。世界での優勝経験も豊富で、北京五輪では金メダルが期待されます。

そんな村瀬心椛(ここも)選手の基本情報や、「心椛・ここも」の名前の由来、これまでの輝かしい成績、そして一問一答もお届けします。

目次
Sponsored Links

2022【スノボ】村瀬心椛(ここも)のプロフィール

村瀬心椛(ここも)選手の基本情報です。

  • 名前:村瀬心椛(むらせ・ここも)
  • 肩書き:スノーボード/スロープスタイル・ビッグエア日本代表
  • 生年月日:2004年11月7日(17歳2022年2月時)
  • 生誕地:岐阜県岐阜市
  • 中学:岐阜市立岐阜西中学校
  • 高校:岐阜第一高等学校(在学中!)
  • 身長:153cm
  • 血液型:B型
  • 家族:父(功一)、母、妹(由徠・ゆら)

両親の影響で、4歳からスノーボードを始めた村瀬心椛(ここも)選手。

特に父親の功一さんのスノーボードの滑りを見て、「カッコイイ!」と思い、スノーボードにはまっていったようです。

父親のスノーボードは独学だったので、父親自身で教えられない!と考え、キャンプに参加させ、プロから教えを受けたようです。

村瀬心椛(ここも)選手は、素質があったのでしょう。小学校1年生の頃にはスロープスタイルを始めるほどのレベルに達しました。

小学校4年生の時に、プロとしての活動を始めます。

それから父親のサポートも受けながら練習に励み、どんどん大技を成功させるレベルに成長します。

そして中学2年生の時にオスロで開催されたX Gameに出場し、バックサイド・ダブルコーク1260を成功させ、世界の強豪たちを抑えて、史上最年少の13歳6ヶ月で優勝を果たします!

その後も優勝を重ね、2022年北京五輪に挑むまでに成長しました!

村瀬心椛「ここも」の名前の由来

「心椛・ここも」、とてもかわいらしく心地のいい響きですね。

YouTubeで質問に答える形で、村瀬心椛(ここも)選手は、心椛(ここも)の名前の由来について、こう答えています。

心が優しく、椛(もみじ)は秋に生まれたから

両親が、「心が優しい人に育ってほしい」と願い、11月生まれなので、秋の象徴「椛(もみじ)」を付けたんでしょうね。

村瀬心椛(ここも)選手のQ&A

YouTube「J SPORTS」チャンネルで、村瀬心椛(ここも)選手が、一問一答に答えたものをまとめました。

海外遠征が多いけど英語は得意?

あまり得意ではないです・・。頑張って練習しています!

遠征に必ず持っていくものは?

好きな動物は?

犬とネコ!しいて選べば「ネコ!」 「ショーン」という名前のネコ飼ってます♪
でも自分は猫アレルギーです。

1番のライバルは?

!めっちゃ仲良し♪

東京オリンピックで一番印象に残った競技は?

スケートボード

2022【スノボ】村瀬心椛(ここも)の主な成績

世界最高峰アクションスポーツの祭典!と言われるX Gameで、女子初となる、高難度の「バックサイドダブルコーク1260」を決めて優勝した経験をはじめ、まだ10代ながら輝かしい成績を残しています。

2018年(13歳)X Game ノルウエー大会ビッグエア優勝
2018年(13歳)ジュニアワールドチャンピオンシップビッグエア優勝
2018年(13歳)ジュニアワールドチャンピオンシップスロープスタイル優勝
2018年(13歳)USオープン4位
2018年(13歳)ワールドルーキーファイナル総合優勝
2019年(14歳)X Game ノルウエー大会ビッグエア2位
2020年(15歳)X Game アスペン大会スロープスタイル3位
2020年(15歳)X Game アスペン大会ビッグエア3位
2021年(16歳)ワールドカップ クール大会ビッグエア優勝

本当に素晴らしいの一言ですね!2022年北京オリンピックでは金メダルが期待されます!

岐阜市長&市民も応援していますよ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる