11/19の月食、関東でのピーク時間や方角は?あったら良い物も紹介

天体観測

11/19の月食、関東でのピーク時間や方角は?あったら良い物も紹介

 

11月19日は、地球の影に月が入り込む部分月食を観測することができます

今回はほぼ皆既月食って事で、神秘的な天体ショーをあなたの街でも観ることができるかもしれません。

関東地方含め、何時から、どっちの方角で、どんな感じでみえるのか調査しました。

またあったらよい物や、ライブ配信についても紹介しています。

 

Sponsored Links

部分月食2021を観よう!

どこで観れる?

2021年11月19日の部分日食は、日本全国で観測することができます。

ですので関東地方でもバッチリ観測できます!

北海道・東北北部では月食の始まりから、関東地方を含むその他の地域では欠けた状態から観測することができます。

何時からでピーク時間は?

月食が始まるのは11月19日16時18分ごろですが、北海道・東北北部以外ではまだ月は昇ってきていません。

東京では16時28分ごろから東の空に月が昇り始めますが、この時点では水平線近くに位置するため、かなり開けた場所でなければ見えないでしょう。

では、何時ごろが見ごろになるのか!

最も欠けて見える月食のピークは18時3分ごろ。地域によって月の角度は変わりますが、全国この時間です。

月食の方角は?

の空を見上げてください。この頃にはそこそこの高さに月が昇っていますので、障害物がなければ観測できるでしょう。

夕方のニュース番組を放送している時間でもあるので、きっと生中継されますね。

その後、月は昇りながら地球の影から出て行き、19時47分頃に部分月食が終わります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あくぽん(@akupon3)がシェアした投稿

 

 

ほぼ皆既月食ってどんな感じ?

今回の部分月食は、97.8%までが影に入り込む「ほぼ皆既月食」です。

通常の部分月食では、ただ欠ける様子が観られるだけですが、ほぼ皆既月食ですと皆既月食特有の「赤黒く色付いた月」が観られるかもしれません。

こんな様子ですね。とても神秘的で遠吠えしたい気分になるかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroyuki Narisawa(@hiroyuki_narisawa)がシェアした投稿

観測にあったらよいものはコレ

望遠鏡・双眼鏡

今回の部分月食、肉眼でももちろん観測できますが、望遠鏡や双眼鏡があれば、月面を地球の影が進んで行く様子を見ることができます

「月面のクレーターに地球の影が横切っていく」。SF映画の一場面のような映像を肉眼で見ることができるのです。

スマホアプリ・Moon Book

スマホアプリ「Moon Book」で、月食の様子をビジュアルで確認出来たり、自分の位置情報を知らせることで、月の方角を知ることができます

iPhone版もAndroid版も用意されていますので、この機会にインストールして月食を楽しんででください。

11月19日16時からはライブ配信も

11月19日16時より、YouTubeの国立天文台チャンネルにて、「ほぼ皆既の部分月食」がライブ配信されます。

国立天文台の教授お二方が解説をされます。

「ほぼ皆既の部分月食」ライブ配信はこちら

 

月食を楽しく観るためのまとめ

  • 日本全国で観測できる
  • 月食のピークは18時ごろ、東方角
  • ほぼ皆既月食を観測できる
  • アプリやライブ配信もおすすめ

天気が良いことを祈ります!

 

 

Sponsored Links

-天体観測

© 2021 4453☆ブログ