ふたご座流星群2021ピーク時間や方角は?都内穴場スポットはココ!

天体観測

ふたご座流星群2021ピーク時間や方角は?都内穴場スポットはココ!

 

ふたご座流星群は、「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」と合わせて、三大流星群と言われており、その中でもふたご座流星群は、一晩に見られる流星の数が年間最大と言われています。

2021年今年最後の天体ショーを楽しむために、「ピーク時間」「観測の方角」をお伝えするとともに、東京都内で観測できるおすすめ穴場スポットも紹介します。

 

Sponsored Links

ふたご座流星群、観測のおすすめ時間帯と方角

観測のおすすめ時間帯

ふたご座流星群の活動は、12月14日16時ごろにピークを向かえます。しかしこの時間は昼なので観測することはできません。

流星群を観測するには、夜暗くなり、月明かりの影響を受けない時間帯が見やすいです。

ふたご座流星群の活動は比較的長く続くので、2日間に渡って観測できます。

深夜、月が沈んでから明け方に観測しましょう。

おすすめ時間 ①

  • 12月14日 AM2時~AM5時ごろ(東京)

暗い場所であれば、1時間あたりおよそ40個から50個の流星を見ることが期待できます。

 

おすすめ時間②

  • 12月15日 AM2時~AM4時ごろ(東京)

暗い場所であれば、1時間あたりおよそ30個から40個の流星を見ることが期待できます。

 

おすすめ時間以外や、暗い場所ではなくても、明るい流星はみることができますので、深夜起きていられない、暗い場所に行けない場合でも夜空を観察してみてください。

 

観測する方角

流星は空全体に現れます。どこに現れるかは分かりませんので、なるべく空の広い範囲を見渡す方が、流星をとらえやすくなります。

見る方角として注意点は、月がない方向を見る明かりがない方向をみる、など明るさに影響されないようにすることがポイントです。

観測時に注意すること

  • 最低15分は観測しよう!
    人間の目が暗さに馴れるのに時間がかかるので、じっくり観測するのがおすすめです。
  • 出来るだけひらけた場所で観測しよう!
    流星は空の広い範囲に現れます。なるべく多く見たい場合はひらけた場所がおすすめです。

その他、外で観測する場合は寒さ対策もお忘れなく!

 

東京都内の観測穴場スポット

2021年ふたご座流星群を観測するのは夜になります。寒さ対策はもちろんですが、お出かけする場合は「一人で出かけない」など、安全面に十分配慮してお出かけください。

夢の島公園

湾岸エリアにある夢の島公園は、都心からのアクセスがよく、24時間開放されているので、夜の観測が可能です。

繁華街から離れた大きな公園ですので、周りの明かりの影響も受けずらいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KenjiN(@nishizken)がシェアした投稿

  • 公園内24時間開放
  • アクセス:東京メトロ有楽町線、JR京葉線、りんかい線、『新木場駅』下車、徒歩13分
  • 駐車場①:夢の島公園第一駐車場(南)
    普通車、1時間まで200円、以後30分毎に100円、入庫後24時間最大料金 800円
    駐車台数 68台
  • 駐車場②:夢の島公園第二駐車場(北)
    普通車、1時間まで200円、以後30分毎に100円、入庫後24時間最大料金 800円
    駐車台数 17台
  • 夢の島公園公式サイト

 

若洲海浜公園

海沿いにあることで開けた空を臨むことができる公園で芝生も貼られています。大きな風力発電機をみることもできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@eitai_stumidaがシェアした投稿

  • 公園内24時間開放
  • アクセス:JR京葉線、りんかい線 「新木場駅」下車
    若洲キャンプ場前行き都バス乗車、若洲キャンプ場前下車徒歩2分
  • 駐車場:江東区立若洲公園駐車場
    普通車、1回500円
    駐車台数 492台
  • 江東区立若洲公園公式サイト

 

駒沢オリンピック公園

世田谷区内の公園で、住宅街にあり繁華街は近くにありません。開けた場所や立体歩道もあり、観測しやすいです。

  • 公園内24時間開放
  • アクセス:東急田園都市線「駒沢大学駅」下車 徒歩15分
    JR山手線「渋谷」から東急バス(田園調布行き)「駒沢公園東口」下車すぐ
  • 駐車場:駒沢オリンピック公園第一駐車場
    普通車、1時間まで400円 以後30分毎に200円 入庫後12時間最大料金 1600円
    駐車台数 181台
  • 駒沢オリンピック公園公式サイト

その他にも開けた場所は数多くあります。どうぞ寒さ対策をしっかりして、今年最後の流星群を楽しみましょう。

 

Sponsored Links

-天体観測

© 2021 4453☆ブログ