防災アドバイザー高荷智也(たかにともや)さんの家族やプロフまとめ/マツコの知らない世界

テレビ番組

防災アドバイザー高荷智也(たかにともや)さんの家族やプロフまとめ/マツコの知らない世界

 

11月9日放送「マツコの知らない世界」のテーマは「今絶対に備えるべき防災グッズ」

ゲストは高荷智也さん。

防災アドバイザーとして、様々な場所やメディアで活躍されています。

 

特にYouTubeでの動画発信は、

  • 声がとってもいい♪
  • ゾンビネタに防災について解説なんておもろすぎ!
  • 聞いててわかりやすいから備えなくては!と思います。

などなど高評価のコメントが多くみられます。

そんな高荷智也さんの家族構成やプロフィールを調査してみました。

 

Sponsored Links

高荷智也さんの経歴

生まれ

1982年静岡県三島市生まれる。現在39歳。

「明日東海地震が来るかもしれない」を子守歌に防災意識の高い生活を送って来たそうです。

そんな歌があるのか?と調べてみましたが、見つかりませんでした。

静岡県三島市という土地柄、親御さんは防災意識が高かったのですね。

高荷智也さんと防災との出会いは、幼少期にあったようです!

大学

2001年、東海大学へ入学。原子力工学について学んだ後2004年に中退。

中退後、住宅設備会社、市場調査会社で働かれました。

社会人になってから

2007年、株式会社オールアバウトへ入社。

専門家のWebマーケティング支援事業に携わる。

そのかたわら、備え・防災をテーマとしたWEBメディア「備える.jp」を立上げ、個人と家庭向けの防災情報の提供を開始。

そして東日本大震災

2011年3月11日、東日本大震災発生。

その際、福島第一原発事故に関する解説記事で多くの反響を得る。

このことをきっかけに、防災に関連する「講師業・執筆業」を開始。

なるほど。講師業を10年もやってらっしゃるので、YouTube動画でのお話がとても聞きやすいのですね!

講師業・執筆業

2015年、書籍の出版をきっかけに、個人事業「ソナエルワークス」を立上げ独立されました。

2019年、備え・防災・BCP策定に関する、講師業・執筆業・コンサル業・メディア業の拡大に伴い、合同会社ソナエルワークスを設置、以後多くの実績を重ねていらっしゃいます。

参考

BCPとは? Business Continuity Planの略で、テロや災害、システム障害など危機的状況下に置かれた場合でも、重要な業務が継続できる方策を用意し、生き延びられるようにしておくための計画のことをいいます。

 

高荷智也さんの家族構成

色々調査しましたが、公には家族の具体的なことは公表されていないようです。

高荷智也さんは、ご自身が代表を務めるソナエルワークスサイトの挨拶で、以下のように書かれています。

私は日本という国がとても好きで、ぜひ長生きをして未来を体験したいと思っています。リニアモーターカーに乗る夢は、もう少しで現実になります。月旅行にも行ってみたいと思っていますが、よほど健康に長生きしなければ難しいかもしれません。できれば支払った金額以上の年金を受け取りながら、妻と、子どもと、たくさんの孫やひ孫に囲まれて死にたいと思っています。

「妻と、子どもと、たくさんの孫やひ孫に囲まれて」のくだりから考察すると、

奥さまとお子さんはいらっしゃるのではないかと思います。

現在39歳でいらっしゃるので、もしかしたら将来の希望を言っているのかもしれませんがね。

 

「防災」「備え」に関して、真剣に、わかりやすく私たちに伝えてくれている高荷智也さん。

私たちにはなくてはならない存在ですね。

 

Sponsored Links

-テレビ番組

© 2021 4453☆ブログ