ウラジオストク

旅行

日本から1番近いヨーロッパ、ウラジオストク。行き方、どんな所?

日本から1番近いヨーロッパ、ロシア極東のウラジオストク。成田空港から直行便で約2時間半で行くことができます。

2017年より電子ビザ制度が導入され、お手軽に行くことができるようになりました!街並みはヨーロッパで物価も悪くない。食べ物も美味しいし、映えるスポットも満載!NGT48のPVで噴水通りがロケ地として使われていましたね。筆者の訪問経験をもとに、ウラジオストクのを紹介していきます。

Sponsored Links

ウラジオストクってどこ?

ズバリ、ここです!

近いでしょ~? 物理的位置としては超アジアなのですが、街の雰囲気は超ヨーロッパなのです。(北朝鮮も近く、隣は中国です。)

日本からの行き方・飛行時間

日本からの直行便は、成田(週3便程度)、関空(週1便程度)運航されています。(2019年12月現在)。フライト時間はどちらも約2時間半。2020年春先からはJAL・ANA共にウラジオストク便を就航することが発表されており、ますます目が離せないスポットです。最近はパッケージツアーも充実してきており、ロシアって観光的にはあまり馴染みがないかもしれませんが、お手軽に行くことができるのです。

ウラジオストクの雰囲気

ヨーロッパの雰囲気を醸し出している、ウラジオストク市内。重厚感というよりは建物がパステル調だったりして、かわいい印象です。


筆者が訪れたときは、韓国人の2~3人グループの観光客が多かったかな。メインどころの観光スポットや大きなお土産屋さんでは、中国人の団体客もいました。帰りの空港ロビーでは北朝鮮人もいたりして、ちょっとびっくりしました。北朝鮮人の方をはじめてみたので。みなさん楽しそうでしたよ。

また、ウラジオストク市内は坂、坂、坂!です。平らな所がないくらい。海岸からくーぅっとせり上がっている感じ。(表現が難しい。。)道は石畳だったりするので、歩きやすくソールが丈夫な靴で訪れてくださいね。

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストクのフォトジェニックなおすすめ観光スポット8選[/box06]

観光・グルメ・お土産

ウラジオストク市内は、徒歩での散策がおすすめ。かわいいロシア雑貨をお土産に買ったり、シベリア鉄道ホームに降り立ったり。あとは路線バスで水族館や市場へ足を伸ばしたり、路面電車で市場へいったりするのも楽しいです。グルメは、ブリヌイ!あとはボルシチ、ペリメニ、ピロシキ、新鮮な魚介にジョージア料理!

観光・グルメ・お土産についてはこちらで別途紹介しています。

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストクのおすすめグルメ5選【2019年版】[/box06]

ウラジオストクの気候は?

季節によって、気温が大きく異なります。

1番気温が高い月は8月で、最高気温25度、平均気温18度と、東京と比べると過ごしやすいです。ただ降水量も多いので雨に降られる可能性はありますね。一般的に7~9月がベストシーズンとされています。

筆者は6月に1週間程滞在しました。天気がよい日は半袖でOK。時折小雨が降った時などは、多少雨に濡れてもよさそうなパーカーを羽織ってちょうどよい位でした。ウラジオストクは、圧倒的に徒歩で回ることが多く、坂も多い街なので、気持ち薄着でちょうどよいかな?って気がします。また日が落ちるのがとっても遅く、21時でも明るかったです。

また、11月~3月は最低気温が氷点下(1月はマイナス20度近くになることも!)になります。かなりの防寒対策が必要ですね。海も凍って、その上を歩けるらしいですよ!筆者も冬にも訪れてみたいです。

気候をまとめると

  • 11~3月:極寒。凍った海をぜひ歩いてほしい。雨は少ない。
  • 4~5月:まだ寒いかなあ。
  • 6月:雨の可能性はあるが、日も長くおすすめ。
  • 7月~8月:いわゆるベストシーズン。暑い。
  • 9月~10月:秋冬。ちょっと寒いかも。

ウラジオストクの治安

外務省サイトに掲載されている安全の手引きによると、

一般的な対 日感情は良好と言えます。特に反日的な行動は見られず,民族的・人種的な理由で邦人が 狙われる事件も発生していません。

とあります。(2019年1月公開)
筆者が2018年6月に訪問した時も、ウラジオストクの方々はとてもフレンドリーだなって感じました。

しかしながら、総じて犯罪発生率は高く、治安水準が良いといえる状況ではありません。

ともあります。特に窃盗犯罪が多いようです。「治安水準が良いといえる状況ではない」と言われると、なんだか怖いような気もしますが、どこへ行っても多かれ少なかれ犯罪はありますので、「他国に訪問しているんだ」という意識を持ち、人通りのない所を歩かないとか、バッグは前に持つとか、防犯意識をもって過ごせば個人的にはよいのかと思います。

外務省が公開している「安全の手引き」についてはこちらを参照してください。
<外務省 海外安全ホームページ>
https://www.anzen.mofa.go.jp/manual/russia_manual.html

ウラジオストクの通貨・両替など

ウラジオストクの通貨はルーブルで、1ルーブル約1.7円です。またウラジオストク空港で現地通貨を調達する方が多いかと思うのですが、注意が必要です。両替窓口は17時まで開いているはずなのですが、筆者が訪れた時は16:30頃閉まってしまいました。。両替する現金がなくなったらしく。「NO--!」と窓口内のおばちゃんに言われ、目の前でシャっ!とブラインドを降ろされてしまったのです。。トホっ。。

おすすめは手数料も1番安いクレジットカードでのATMキャッシングですね。ATMは24空港ロビーに何台かありました。推奨はVISAかMASTER。筆者のJCBは使えなかった。(予備で持参したのVISAを使いました。)

空港~ウラジオストク市内の交通

次のの3つの交通機関があります。

  • タクシー 約45分 1,500ルーブル
  • バス 約60分 200ルーブル(スーツケース1個につき100ルーブル)
  • 電車(アエロエクスプレス)

3つ目の電車(アエロエクスプレス)は本数が少ないです。
空港から市内へ行く場合、成田からの直行便の到着時間は、早い便で17時過ぎなので、物理的に間に合いません。ですので、「タクシー」か「バス」を選択することになります。2020年春先から就航するJAL・ANA便です。

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストク空港から市内への移動方法【2019年版】[/box06]

ウラジオストク市内での公共交通機関

は基本的に、「徒歩」「路線バス」「タクシー」になります。
ウラジオストク市内はとても狭いエリアなので、ほぼ「徒歩」で行けます。筆者は、ちょっと離れた水族館や市場に行くときなどは「路線バス」や「路面電車」を利用しました。
そちらにつきましても、後日別記事で紹介させていただきますね。

電子ビザの取得

ウラジオストクに行くには、ビザの取得が必要です。現在はWEBから申請および取得が可能でとっても便利です。

詳しくは、下記をご覧ください。

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストク電子ビザの申請方法[/box06]

いかがでしたでしょうか?ウラジオストクの雰囲気を少しでも感じていただけたらうれしいです。ぜひ素敵なウラジオストク旅を楽しんでくださいね。

[box06 title="あわせて読みたい"]成田空港からのウラジオストク便はプロペラ機だった!オーロラ航空(アエロフロート)[/box06]

 

Sponsored Links

-旅行
-

© 2021 4453☆ブログ