ウラジオストク電子ビザ申請方法

旅行

ウラジオストク電子ビザの申請方法

2017年8月より観光用電子ビザが簡単に取得できるようになり、ウラジオストクへとっても行きやすくなりました!以前は書類をそろえて大使館に出向き、パスポート預けて申請・・・と、とても手間のかかるものでした。(料金もかかったし。。)それが現在は、ウエブからいつでも無料で申請&取得できます。
ここではウエブでの電子ビザ申請から取得までの流れを説明します。

Sponsored Links

申請前に確認すること

ウラジオストクでの滞在期間は8日間以内です。それより長い場合はこの電子ビザでは滞在できません。

滞在できる地域はウラジオストクのみ!電子ビザは入国した地域内の観光に限られます。ハバロフスクも電子ビザで行ける地域なので、例えば、ウラジオストクからシベリア鉄道でハバロフスクに行ってみたい!と考えても残念ながらダメなのです。。実践した訳ではありませんが、シベリア鉄道乗車時にパスポートの提示を求められるので乗車できないかと思われます。

申請にあたって準備するもの

  • 顔写真データ
  • パスポート

申請するタイミング

申請から発行されるまで、最長で4日かかります。余裕をもって、出発日の1週間ぐらい前までには申請を済ませとおくと安心です。しかし早すぎるのもダメ。というのは、電子ビザの有効期間が発行日から30日だからです。「早めに申請しちゃお~」と例えば2か月前に申請したとすると、有効期限が切れてしまいますのでご注意を。

電子ビザ申請方法

「ロシア連邦外務省 E-visa」サイトにアクセスします。

ロシア連邦外務省 E-visaサイトへ

画面のずっと下の方にに、「電子ビザ取得の申請書を記入する」のボタンがあるので、それをクリック。申請書記入画面に切り替わります。ひやぁー英語!と思うかもしれませんが、入力項目そばに日本語で何を入力するべきか書かれているので、それに従って入力していけば難しくないかと。

ちょっと迷ったのが、【訪れたいロシア連邦の地方】。ウラジオストクの「Primorsky Krai」選択)

画面の下部の確認を求める項目のチェックボックスにチェックを入れ、「申請書入力へ移動する」をクリック。

この要領で画面の指示に従い、入力をして行き、申請を完了させます。

ビザ取得完了

申請完了して1~2日ほどで、メールが届きます。

メール内にビザをダウンロードするためのリンクがあるのでクリック。ビザをダウンロードする画面に切り替わります。

IDとパスワードを入力して、「Download notice」ボタンを押すと電子ビザをダウンロードできます!

電子ビザはPDFになっています。プリントアウトしてパスポートと一緒にして入国しましょう。お持ちのスマホに保存しておくのも万が一プリントアウトを紛失してしまった時などによいですね。

電子ビザについてまとめ

  • ウラジオストクでの滞在期間は8日間以内
  • 滞在できる地域はウラジオストクのみ
  • 申請から発行されるまで最長で4日間

それではステキな旅を!

[box06 title="あわせて読みたい"]日本から1番近いヨーロッパ、ウラジオストク。行き方、どんな所?[/box06]

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストクのおすすめグルメ5選[/box06]

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストクのフォトジェニックなおすすめ観光スポット8選[/box06]

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストク空港から市内への移動方法【2019年版】[/box06]

[box06 title="あわせて読みたい"]成田空港からのウラジオストク便はプロペラ機だった!オーロラ航空(アエロフロート)[/box06]

Sponsored Links

-旅行
-,

© 2021 4453☆ブログ