ウラジオストク飛行機

旅行

成田空港からのウラジオストク便はプロペラ機だった!オーロラ航空(アエロフロート)

日本から一番近いヨーロッパ!ってことで最近人気のウラジオストク。東京からは成田空港を発着地として、「アエロフロート(ロシア航空)」と「S7航空」が直行便を運航しています。また2020年春先からは、JAL・ANAもウラジオストク便の就航が発表されています。ますます行きやすく、人気の観光地になりそうですね。

筆者は、2018年6月にアエロフロートで成田空港からウラジオストクに行きました。その模様をご紹介します。

Sponsored Links

オーロラ航空(アエロフロート)とは

アエロフロートはロシアの航空会社で、東ヨーロッパでは最大の航空会社グループの1つです。成田空港からのウラジオストク便はオーロラ航空となます。

ウラジオストク便のスケジュール

2019年12月現在、往路共に1日1便、週5便運航しています。最新のフライトスケジュールはこちらから確認してください。

運航日 月 水 木 土 日
成田 → ウラジオストク SU 5481便 13:35発 17:05着
ウラジオストク → 成田 SU 5480便 11:15発 12:30着
使用機材 Airbus A319

搭乗

成田空港での機内搭乗は、バスで飛行機まで行き、タラップを上って搭乗します。タラップを上るといっても6段程で、とても小ぶりな機体です。そしてプロペラ機です!
ウラジオストク飛行機

プロペラ機

そしてこの機体はプロペラ機!搭乗する時、珍しいものだから皆さん写真を撮りまくっていました。プロペラ機はジェット機と比べると高度が低いらしく、フライト中佐渡島の形がきれいに見えたり、建物まで見える感じでしたよ。

propeller

機内食

サンドイッチとドリンクの軽食が提供されました。その他は有料のアルコールやスナックなど。サンドイッチはパサつき気味だったかな。短いフライトなので充分かと。

簡単な紹介でしたけど、いかがでしたでしょうか。国際便でのプロペラ機は貴重かも。今後ウラジオストクへ行く人が増えて、ジェット機になってフライト時間が短くなるといいなぁなどと思ったり。それでも2時間半のフライトで行ける海外はうれしいですね!

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストク電子ビザの申請方法[/box06]

[box06 title="あわせて読みたい"]日本から1番近いヨーロッパ、ウラジオストク。行き方、どんな所?[/box06]

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストクのおすすめグルメ5選【2019年版】[/box06]

[box06 title="あわせて読みたい"]日本から1番近いヨーロッパ、ウラジオストク。行き方、どんな所?[/box06]

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストク空港から市内への移動方法【2019年版】[/box06]

[box06 title="あわせて読みたい"]ウラジオストクのフォトジェニックなおすすめ観光スポット8選[/box06]

 

Sponsored Links

-旅行
-

© 2021 4453☆ブログ