香港からマカオへバスでの行き方

旅行

香港空港からバスでマカオへ行く方法・料金や時間、バス乗り場の近道

最近熱く人気を集めているマカオ。西洋と東洋、中世と現代が混ざった異文化共存の街。

ひと昔前はカジノ=ギャンブルの街ってイメージが強かったかもしれませんが、最近は街の中にある世界遺産や、ポルトガル料理、総合リゾート施設が立ち並ぶキラキラエリアにカジノなどなど、お楽しみが満載です!

「さぁ、マカオへ行こう!」と思い立ち、調べてみると、日本からマカオへの直行便が少ない!(マカオ航空は夜着便しかないし。。)

なので、航空便が豊富な「香港経由でマカオに行ってみよー!」 世界最長海上橋「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)も渡れるしー!」 ってことで、「香港空港からマカオへ、バスでの行き方・料金・時間・やるべきこと!」と題して詳しく紹介していきます。

先におおよその所要時間と料金を書いておくと、

香港空港着陸からマカオ市内への所要時間目安:1.5~2.5時間

香港空港からマカオへバス移動の料金合計:72.5香港ドル(約1,000円)

※混雑がなくスムースに移動できた場合
※日中の大人1名の料金
※マカオ入国後のホテルまでなどの交通費は含まず

となります。詳しくはこのあとの記事を読んでくださいませ。

Sponsored Links

港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)って?

2018年に開通した、世界最長海上橋です。港珠澳大橋が開通して、香港からバスでこの橋を渡ってマカオに行けるようになりました。

港珠澳大橋起点には香港口岸。終点にはマカオ口岸があり、それぞれ出入国審査施設があります。橋をバスで渡る際は、この両方を通過する必要があります。

香港空港からバスでマカオに行くメリット・デメリット

なぜマカオに行くのにわざわざ香港空港からバスで行くのか?
バスではなくてフェリーではダメなの?

メリットは、

  1. そんなに時間がかからない。時間待ちがほとんどない
    バスだと乗車時間のみ約35分。フェリーだと約1時間10分で本数極少。
    バスはピーク時は5分以内、ピーク時以外は約10〜15分、深夜帯15〜30分間隔で運行されていて、時間をあまり気にしなくてよい。
  2. フェリーを利用するより断然安い
    バス利用だと約1,000円。フェリー利用だと約4,000円。
  3. 豊富な香港便を利用できる
    日本からのマカオ行き直行便(マカオ航空・ANAのみ)は極少。
    マカオ航空の到着時間は、20:05と0:10の2便のみ。到着時間も夜で観光効率が悪い。ANAはとっても高額なので候補になし。笑(2019年12月現在)
    日本からの香港便はLCCもあるし豊富。羽田発もある。
  4. 世界最長海上橋「港珠澳大橋」を渡れる
    これは「渡った!」って満足感みたいなものですね。

といった所です。

そしてデメリットとしては、

  1. 香港入国→香港出国→マカオ入国の審査を通らなければならない
    さほど時間はかかりませんが、通らなくてはなりません。
  2. 香港空港からダイレクトで港珠澳大橋を渡るバスに乗ることができない
    いったんB4バスに乗って、香港口岸に移動しなくてはなりません。

といった所です。

トータル時間で考えれば、マカオ直行便を使った方が速いですが、料金、到着時間を考えると、香港空港からバスでマカオに行くのは、大ありだと思います。

筆者も直行便の安いチケットが出ない限りは、香港空港経由のバスでマカオ入りを選ぶと思いますよ。

香港空港からバスでマカオへ行く流れ・所要時間・料金

流れをざっと書いておきます。( )内は所要時間ですが、結構空いている時期の日中の目安です。時期や時間帯、曜日などで混雑具合が変わるかと思いますので、あくまでも参考程度にしてください。

香港空港からマカオへバスで行く場合の流れ(2019年12月現在)

香港空港到着
入国審査や空港での用事を済ます

↓(約30分)

B4バス乗車。香港口岸へ

↓(約15分/7.5香港ドル)

香港口岸到着。出国審査やバスチケット購入など

↓(約15分/65香港ドル)

香港口岸をバスで出発
港珠澳大橋を渡ってマカオ口岸へ

↓(約40分)

マカオ口岸到着。入国審査。各交通手段でマカオ市内へ

香港空港をB4バスで出発した時点から、マカオ口岸に到着するまでの所要時間は約1時間10分でした。これに香港空港での滞在時間と、マカオ口岸からマカオ市内の目的地までの時間を足せば、トータルの所要時間となります。

スムースに行ってトータル約2時間といった所でしょうか。

それでは、順を追って行き方詳細を説明します!

香港空港到着(イミグレ・荷物受取・税関)

香港空港に着陸~!日本との時差は1時間。マカオが1時間遅いです。羽田から香港、5時間10分のフライトでした。

飛行機を降りたら、

「入国審査(イミグレ)」
(機内で入国カードが配られるので、記入を済ませておくとスムースです。)

「預け入れ荷物の受け取り」
(預けていなければそのままスルー)

「税関審査」

と進み、到着フロアに出ます。

現地通貨入手(ATM・両替)

まずしなければならないのは現地通貨の入手。マカオで使用できる通貨は「香港ドル(以降HKドルと表記)」と「パカタ」の2種類。「パカタ」はマカオでしか使用できず、両替もマカオ内でしかできません。レートは若干「パカタ」の方が有利ですが、ほんの微々たるもの。マカオを出たら紙切れにしかならないので、マカオに長期滞在予定であるとか、大きな金額の買い物をする以外は、現地で使う通貨は「香港ドル」を入手するのが、無駄がなくおすすめです。

ATMでキャッシング

筆者のおすすめはATMでのクレジットカードでのキャッシング。香港に限らず、現地通貨を入手するのに一番手数料が少なく済みます。

ATMの場所はA出口を出た場合は右側。B出口を出た場合は左側にあります。到着ロビー中央税関側になります。ロビーはさほど広くはないのですぐ見つかるかと。

おおよその場所は、到着ロビーMAPをみてみてくださいね。

両替窓口で両替

キャッシングはちょっと抵抗がある、ATMを使うのが不安。って場合は両替窓口で両替しましょう。

場所はA・B出口出たところすぐに、それぞれあります。
到着ロビーMAP

香港・マカオで使えるSIMを購入

到着フロアを出るとすぐ目に付く場所に、プリペイドSIMカードを売っているお店があります。また、セブンイレブンでも取り扱っています。購入するときは必ず「マカオ」でも使えるか確認してくださいね到着ロビーMAP

筆者は、現地で買う時間がもったいないので、あらかじめアマゾンで買っときました!空港で買うよりも安くおすすめ!フライト中にSIMを差し替えておけば着陸した時点から使えるのでとっても便利。ただし自分で設定する必要があります。といっても簡単な設定です。

私が買って現地で使ったのはこれです。問題なく使えました!


【中国聯通香港】4G マカオ・香港SIM 7日利用可能

バス乗車用の小銭をつくる

港珠澳大橋の乗り口「香港口岸」に行くには、B4バスに乗ります。乗車料金の7.5HKドル(2019年11月時点)を用意する必要があります。ATMでキャッシングした場合は、お札しかないと思いますので、小銭を作る必要があります。ATMの近くにセブンイレブンがありますので、ここで飲み物などを買って7.5HKドルを用意しましょう。また、香港のICカード、オクトパスカードで乗車することもできます。

B4バス乗り場へ

空港での用事を全て済ませたら、いよいよ公共バスであるB4バスに乗って、大橋香港口岸へ向かいます。まず、B4バスのバス乗り場に向かいます。

B4バス乗り場への近道を紹介します!

ここで近道を紹介します。案内板に沿って行くよりかなりの近道です。B出口を背にして斜め右方向にカフェRoot98 Grab 'n' Go(軽食)があります。

その手前に下に降りる階段があります。ここを降ります!特に案内表示などないので不安になりますが進みます。エスカレーターはないので大きなスーツケースの場合は大変かもしれませんが、えっさえっさと頑張って降ります。

降り切るとドアがあるので開けて出ます。するともうそこはバス停!正規ルートからかなりショートカットしてます。わーい!

続いて左方向に進んでB4バス乗り場を見つけます。10メートルもなかったような。すぐです。

到着ロビーMAP

大まかな位置関係のMAPです。

B4バスで大橋香港口岸へ

B4バスの列に並び、バスの到着を待ちます。筆者はバス停到着と同時にバスがやってきました。正面のバス写真を撮りたかったのですが、間に合わず。。

バスの案内板に「B4大橋香港口岸」と表示されているのを確認し、前方の乗り口から乗車します。運転席横の料金箱に7.5HKドルをチャリン♪またはオクトパスカードをかざして乗ります。(パカタは使えません。お釣りも出ません。)

バス内部は2階建て構造です。1階に荷物置き場があります。公共バスなので途中停車しながら終点の「大橋香港口岸」に向かいます。乗車時間は10~15程度。

B4バスについてまとめ

  • 空港ターミナル1からマカオへ渡るシャトルバスの乗り口、大橋香港口岸をつなぎます。
  • 8~15分間隔で24時間運行。深夜は間隔が長いみたいですよ。
  • 運賃7.5香港ドルを現金で払うか、オクトパスカードで支払えます。
  • 乗車時間は10~15分程度

大橋香港口岸到着(香港出国・バス乗車券購入)

バスを降りて建物に入ります。すぐ出国ゲートがあるのでそこで香港を出国します。(さっき入国したばかりだけどね。)出国ゲートはデカっ!広っ!キレイ♪ 空港みたいです。

筆者が訪れたときはガラガラだったので、すぐに手続き完了です。

続いて、マカオへ渡るシャトルバスのチケットを買います。 オクトパスカードを持ってる人は左手の自販機で、現金かクレジットカードの場合は有人の窓口へ。

  • 運賃/日中(6:00~23:59) 65HKドル
  • 運賃/夜間(00:00~5:59) 70HKドル

※12歳未満で身長1.2メートル未満の子供、65歳以上の障害のある人は通常価格の50%オフ。3歳以下のお子様は無料。パカタも使用できます。(2019年12月)


※繁忙時間は5分間隔、非ピーク時間は約10〜15分間隔、夜間は15〜30分間隔で運行されています。

フェリーの料金はエコノミークラスでバスの約4倍なのでとても安いです。また所要時間もバスは30~40分程度、フェリーだと1時間以上。

えっと、おトイレに立ち寄りまして、マカオ行きの乗り場に向かいますよ。「澳門」と「Shuttle Bus」の文字を目印にしてくださいね。

乗り場到着。バスはすぐ来ました。私でかいスーツケースを持っていたのですが、下のトランクに自分で入れて乗車しました。

車内は2階建てです。ほどなくして出発。ひたすら橋の上を進みます。進みます。景色は単調で海ばかり。当たり前ですが。ここはアクアライン?

 

乗客はほとんど中国の方で、みなスマホをいじっているか、音声入力でしゃべってました。

35分程乗ってマカオ口岸に到着~!バスを降りたら、入国審査(イミグレ)です。ここの建物もデカくてキレイ。すいていたのであっという間に通過できました。


わーい、わーい、マカオに着いたどー!(*´∀`*) スーツケースを持っている場合は、右奥のエレベーターを使うよう促されます。

入国審査を通過したら、「お疲れさまでした!マカオ入国です!」

ここからは、市内のホテルなど目的地に、タクシー、路線バス、シャトルバスのいづれかを使って移動します。

まとめ

いかがでしょう? マカオに行くのに、香港空港経由ってありじゃないでしょうか!

東京からマカオ直行便は、エアマカオとANAしかなく、すべて夜着なんです。。なので選択肢の多い香港便を使うと短い旅程の時なんかはいいんじゃないかな。香港便だったらLCCもあるしね! 素敵な旅を♪( ´▽`)

 

Sponsored Links

-旅行

© 2021 4453☆ブログ